市ヶ谷矯正歯科/新宿区市谷の矯正歯科・ホワイトニング・予防歯科

CHILDこどもの矯正

こどもの矯正CHILD

こどもの矯正(Ⅰ期治療)

こどもの矯正とは?

子供の歯(乳歯)の時から大人の歯(永久歯)が全て生え揃うまでの矯正治療のことです。
主に

これから生えてくる永久歯の為の隙間を作る

顎の成長バランスを整えること

を目的とします。

 

矯正治療は大人になってからでも可能ですが、子供の時期から治療を行うことでより理想的な治療が可能となります。

子どもの矯正をするメリットとは?

抜歯のリスクを減らす

大人の歯がガタガタになって生えてくる原因として多いのが、顎の骨の大きさに対して歯の大きさが大きい場合です。大人の歯が生え変わる前から隙間を作ることで正しい位置に歯が生えてくる可能性が高くなり、将来矯正で抜歯をするリスクが低くなります。

将来の手術の可能性を低くする

歯は上顎と下顎の骨に支えられていますが、上顎と下顎の大きさのバランスは噛み合わせにおいて非常に大切です。
大人の矯正を始めるにあたり上下の顎の骨のバランスが極端に悪い場合、矯正治療だけでは治療することが困難になり、顎を移動する手術が必要になってしまう場合があります。成長期に矯正することで顎のバランスをある程度コントロールすることができ、将来の手術の可能性が低くなります。

いつから始めたら良いのか?

下の前歯4本、上の前歯2-4本が生え変わってきた時期(平均6-7歳)

お口の状態によって適切な開始時期は異なりますが、下の前歯4本、上の前歯2-4本が生え変わってきた時期(平均6-7歳)で一度相談を受けていただくことをお勧めします。

相談時のお口の状態によって、すぐに矯正を始めたほうがいいのか、あるいはもう少し待ってからがいいのか、矯正はやらずに様子見で大丈夫かなどお伝えいたします。

受け口、顎が曲がっている、歯が一部だけ上下反対で噛んでいるなどといった機能的な問題がある場合は、上記の年齢を待たずに早めの相談をお勧めします。

大人の矯正(Ⅱ期治療)に移行する可能性とメリットは?

大人の矯正(Ⅱ期治療)への移行が必要になる場合があります

子どもの矯正は、これから生えてくる永久歯の生える隙間を作ったり、顎の成長のバランスを整えることを目的とします。しかし、成長には個人差があるため矯正を行った場合でも必ず理想通りの効果がでるわけではありません。Ⅰ期治療で十分な歯並び・噛み合わせにならない場合は、大人の歯が全て生え揃った段階で大人の矯正(Ⅱ期治療)への移行が必要になる場合があります。

メリットは、治療期間の短縮・抜歯のリスクを減らす

ただし、その場合でも大人の矯正から始めた場合と比較すると、治療期間が短縮したり、抜歯のリスクが減ったりといったメリットがあります。
また、治療の費用に関して、当院でⅠ期治療を行った場合でⅡ期治療へ移行する場合、差額のみのお支払いとなります。

例:Ⅰ期治療を行いⅡ期治療(金属ブラケット)へ移行する場合
¥600,000(金属ブラケット)-300,000(Ⅰ期治療) ⇒ ¥300,000で移行可能

MFT(筋機能療法)とは?

MFTとは、正しい口の周りの筋肉などの異常な動きを改善することによって、歯並びを改善したり、治療後の後戻りを防止することです。

舌や口の周りの筋肉の動きに異常がある(指しゃぶり、口呼吸、舌突出癖など)場合、歯やあごの骨に影響を与え、出っ歯や受け口、開咬などの原因になると言われています。矯正で歯並びが綺麗になっても、その筋肉の動きに異常が残っている場合、歯並びが元に戻ってしまう可能性が高くなります。

MFTとは正しい口の周りの筋肉などの異常な動きを改善することによって、歯並びを改善したり、治療後の後戻りを防止することをいいます。

当院では異常な筋肉の動きがある場合、矯正治療と併せてMFTを行うことをお勧めしております。

使用する装置

マルチブラケット・拡大装置(QH,拡大床)・ヘッドギア・マイオブレース

矯正料金