市ヶ谷矯正歯科/新宿区市谷の矯正歯科・ホワイトニング・予防歯科

CHILDこどもの矯正

こどもの矯正CHILD

小児矯正とは

小児矯正では、幼少期から矯正をすることで早期にきれいな歯並びを整えることを目的とします。
きれいな歯並びは見た目だけでなく、健康面や姿勢、骨格の改善に役立つことも近年明らかになっています。

なぜ幼少期からの矯正をお勧めするのか

どのようなメリットが?

成人からの矯正と比べメリットは非常に多く、可能であれば幼少期からの矯正をおすすめしております。

具体的なメリットとしては

このように、成長期の段階でしっかりした口腔内の形を整えることができ、
体全体のバランスを整える上でも非常に良い効果を生みます。
お子様に矯正を行うかどうかでお悩みの場合は、なるべく早くご相談されることをおすすめいたします。

日常生活からお子さまの口内健康を意識しましょう

食育に配慮

食育もとても重要な要素であると考えられています。
毎食、可能な範囲で規則正しい時間で、栄養バランスを考え、よく噛む食事をすることで、お口の中を健康な状態に保つだけでなく、脳の発育も促進されると考えられています。

毎食後の歯みがき

歯みがきを習慣づけることがとても大切です。
乳歯は永久歯よりも虫歯になりやすいので、歯が生えはじめたタイミングで歯みがきの練習をはじめてみましょう。

定期検診

ご自宅のケアと合わせて歯医者さんでの定期検査も大切です。
定期的に歯医者さんに通うことで、将来の歯科治療が減るとともに、矯正のタイミングやその他の問題なども相談しやすい環境が整います。

赤ちゃんが生まれたら

赤ちゃんは虫歯菌をもっていません。まずはご家族からの感染を防ぎましょう。
食事の際、赤ちゃんへの口移しや同じスプーンを使わないようにしてあげましょう。

当院の処置方法

ブラッシングの指導

小さいうちはなかなか上手に磨けません。
お子さまの歯並びやブラッシングの癖をしっかりと確認しながら、磨き残し部分の正しい磨き方を一緒に練習いたします。小さいお子さまの場合には、親御さんに仕上げ磨きの方法もお教えしますのでご安心ください。

フッ素塗布

歯質を強化するフッ素を歯に塗布することにより、虫歯菌の活動を抑制して虫歯を予防します。
また、フッ素には再石灰化を促す作用もありますので、ごく初期の虫歯であれば治療も可能となります。

過剰歯について

過剰歯とは、本来の本数よりも多く生えてきてしまう歯のことを言います。
これにより、正常な歯の成長を妨げてしまうこともあるため、ほとんどのケースで抜歯をおすすめしています。

よく頂くご質問について

Q:何歳ごろから矯正を行うのが良いですか?
歯並びの状態によって異なりますが、歯が生え変わるより前のタイミングが望ましい場合が多いです。
上記の通り、そのほうが永久歯をしっかりと正しい位置に調整しやすくなるからです。
Q:治療期間はどのくらいになりますか?
小児矯正には、2段階の治療期間があり、それぞれ行う治療計画が異なります。
生え変わり速度によって個人差はございますが、乳歯と永久歯が混ざっている時期の調整・治療がおよそ1年前後、
全て生え変わってからの治療が2年前後とお考えいただければと思います。長い場合は両方合わせて4年程度となります。
Q:装置が外れた場合はどうすればよいですか?
装置が外れた、壊れたといった場合は、可能な限り早くご来院ください。
特に、ご自分で装置をつけ直すことはおすすめいたしません。歯並びの調整に悪い影響を与えてしまいます。
また、怪我のもとにもなります。

矯正料金