ワイヤーかマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置か?それぞれの違いをまとめてみました|新宿区市谷で矯正歯科を行う市ヶ谷矯正歯科

COLUMN ワイヤーかマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置か?それぞれの違いをまとめてみました

カテゴリー:

新宿区の矯正歯科 市ヶ谷矯正歯科のコラム

ワイヤーかマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置か?それぞれの違いをまとめてみました

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

当院も無事1周年を迎えました。本年もよろしくお願いいたします。

 

今年こそ歯並びを治そうと、これから歯の矯正を考えている方の中には、「色々な治療法があるみたいだけど、どう違うの?」「自分あった治療法はどれ?」「マウスピースでもちゃんと歯並びを整えることができるのかな?」などの疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、従来のワイヤーを用いた矯正治療と、最近よく見かけるようになったマウスピースを使った矯正で、どのような違いがあるのかについて、お話しします。

 

まず、矯正治療の種類にはこれらがあります。

①表側(ラビアル)

   

 

金属ブラケット                 セラミックブラケット

 

②舌側(リンガル)矯正

 

③マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置

 

では各々の特徴を説明していきます。

 

・ワイヤー矯正 表側(ラビアル)

歯の表側にブラケット(※)やワイヤーを付けて行う一番ベーシックな治療法です。

歯1本1本にブラケットを接着剤で固定し、そこにワイヤーを通します。

さらに患者様の治療計画に沿って、ゴムやワイヤーを使って歯を動かします。約3~4週に1回、ワイヤ―やゴムを交換・調整していきます。

そして、歯並びが最終的な状態になったところで、歯に固定している装置を撤去し、リテーナー(保定装置)と呼ばれる、移動後の歯をその位置に定着させる装置を使用していきます(保定期間)。

これは①~③のどの矯正方法でも同じです。

 

※ブラケットには金属製の金属ブラケットと審美性を考慮して作られた白のセラミックブラケットがあります。

大きな違いは、見た目(目立ちにくいかどうか)です。

セラミックブラケットは白く目立ちにくい一方、費用が高価です。

 

<メリット>

 〇適応症例が広い

 〇他の治療法と比べて安価

 〇歯の細かい調整がしやすい

 〇取り外しができないため、治療期間が患者様の協力度に左右されにくい

 〇着脱の面倒くささがない

 

<デメリット>

 ×唇や頬に痛みが出やすい(口内炎、口唇炎など)

 ×目立つ

 ×汚れがたまり易く、虫歯や歯周病の罹患リスクが高い

 

 

<治療期間>(治療の内容によってさらに長期になる場合もあります)

 部分矯正の場合 おおよそ半年~1年

 全体矯正の場合 おおよそ1年~2年半

 保定期間    おおよそ2年

 

 

・ワイヤー矯正 舌側(裏側・リンガル)

歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着して行う治療法。

ブラケットを上下裏側にを装着するフルリンガルと、特に目立つ上顎のみ裏側で下顎は表側に装着するハーフリンガルがあります。

 

<メリット>

 〇目立たない

 〇唇の痛みが出にくい

 〇取り外しができないため、患者様のモチベーションに左右されにくい

 

<デメリット>

 ×話しにくくなることがある

 ×舌に痛みが出やすい

 ×汚れがたまり易く、虫歯や歯周病の罹患リスクが高い

 ×高額

 

<治療期間>

 歯の動くメカニズムは表側のワイヤー矯正の治療方法と同じです。

 そのため治療期間は表側のワイヤー矯正と大きく変わりません。

 

 

・マウスピース矯正型カスタムメイド矯正歯科装置

従来から使用されているブラケットやワイヤーではなく、透明のマウスピースを使用して歯を動かしていく治療法です。

当院では、マウスピース矯正で最も実績の多い「インビザラインシステム」を導入しております。

 

<メリット>

 〇目立たない

 〇違和感が少ない

 〇食事中や歯磨き中は外すことが可能なため、食事や歯磨きがしやすい

 〇結婚式や成人式など大事な場で外すことが可能

 〇金属アレルギーの方でも可能

 〇通院頻度がワイヤー矯正や舌側矯正に比べ少なくできる(※)

   ※患者様のモチベーション維持等のため、ワイヤー矯正などと同様の頻度でご来院いただくこともあります

 

<デメリット>

 ×装着時間など患者様のモチベーションが重要(患者様の協力が必要不可欠)

 ×装着中に飲食をすることが難しい

 ×着脱の面倒くささがある

 ×患者様により適応でないケースがある

 

<治療期間>

 患者様の歯並びや治療計画によっても異なりますが、一般的に従来のワイヤー矯正と大きく変わらないといわれています。

 しかしそのためには1日20時間以上装着することが重要です。

 装着時間が短いと歯が動きにくく、治療期間が長引くことがあります。

 


当院では、ワイヤー矯正とマウスピース矯正のどちらが良いか、表がいいか裏がいいかなど、治療方法を迷っている患者様のご相談にものらせていただきます。

検査後、治療開始前に前歯だけにブラケットを装着し、1週間程度お試し頂くことも可能です。

もし今、歯を矯正したいとお考えでしたら、当院までぜひご相談ください。

 

市ヶ谷矯正歯科で行う矯正歯科治療の料金はこちら

新宿区の矯正歯科専門クリニック・市ヶ谷矯歯科はコチラ

 


市ヶ谷矯正歯科
東京都新宿区市谷砂土原町3-8-14 Tテラス1階
最寄り駅:市ヶ谷駅、牛込神楽坂駅、神楽坂駅、飯田橋駅

TEL:03-5579-8910
WEB予約:こちら